貯金箱の歴史

テサウロスBC3世紀土製
貯金箱を使うという習慣は、はるか昔からありました。

中国では、2100年も前から「貯貝器(ちょばいき)」という青銅製の「貝」をためるものがありました。
昔は、「貝」を通貨として使っていたため、「貝を貯める」という行為が行われていました。「貝」が通貨として使われていたため、今でもお金に関わる漢字には、「貝」という時がついていますよね。

ヨーロッパでは、「献金箱」が貯金箱のルーツになっています。
貨幣が登場する前、貴金属の小片を寄付してもらうために教会におかれたことからはじまっています。
このような献金箱は、古代エジプトやギリシャ、エルサレムなどの古い遺跡で発見されています。
右の写真は、ヨーロッパの貯金箱で最古とされるテサウロスと呼ばれる土製の貯金箱です。
洋なし型貯金箱2~3世紀土製2世紀頃のローマでは、洋なし型の貯金箱が多く作られていました。この洋なし型の貯金箱は、
女性の乳房をまねているとも言われ、この古くからの形は、ヨーロッパで、現在でも受け継がれ、愛用 されています。(左の写真が
「洋なし型貯金箱」)
日本の貯金箱のルーツは、縄文時代末ごろから稲作が始まり、
穀物を貯えるなどということが行われるようになりました。この穀物を蓄えるための「カメ」が日本の貯金箱のルーツと考えられています。

その後、室町時代ころになると、壺の形が様々な用途別に作られ、その中の一つに銭が入って出土する
「せんべい壺」と言う壺があります。この「せんべい壺」が日本の貯金箱の祖先と考えられています。