貯金箱は時代とともに

貯金箱は、室町時代の銭瓶壺からはじまり、江戸時代は銭箱、明治時代は貯金玉と、最近では、プラスチックのキャラクター人形型など、時代を反映して変化してきています。

その貯金箱を時代ごとに紹介していきます。