明治時代の貯金箱

貯金玉明治時代になると、銭入れを兼ねた土人形や、「貯金玉」と呼ばれる、宝珠が貯金箱となりました。

形が「玉」形なので「貯金箱」ではなく、「貯金玉」と呼ばれていました。

宝珠は、どんな願い事もかなう縁起のいい玉のことです。