江戸時代の貯金箱

銭箱江戸時代になると、貨幣制度が整い、商業活動が盛んになり、商人や農民の中では、釘打ちをし壊されないようにし、四方を鉄の金具で止めた頑丈な「銭箱」を使ってお金を貯めるようになりました。

しかし、庶民が多く使ったのは、竹に穴をあけた、銭筒を使うのが一般的だったようです。

江戸時代以前は、「かめ、箱、筒」と呼んでいたものが、「銭がめ、銭箱、銭筒」と変化しました。

写真は、銭箱。