外国の貯金箱について

外国の貯金箱の歴史は、古代ギリシャまでさかのぼります。
教会におかれていた「献金箱」が貯金箱のルーツになっています。

現在では、世界各国で、様々な非常に多くの貯金箱が作られています。
プラスチック、ガラス、ゴムをはじめ、布や毛糸などめずらしい素材で作られたものもあります。

デザイン性も豊かで、インテリア用品としても兼用されている貯金箱があります。