外国と日本の貯金箱の違い

【違うところ】
1.取り出し方の違い
日本では、昔から焼き物などの貯金箱を割って取り出すタイプが多くなっています。

一方で、欧米では、鍵付きの貯金箱が多く、鍵をあければ、必要に応じて使えるタイプになっています。貯金箱の始まりが、「献金」という位置づけであったため、このような違いが出てきているのかもしれません。


2.効果を入れる穴の違い
外国の人物の貯金箱は、頭の上の部分に縦に穴を開けて投入口が作られたものがあります。
日本の場合は、このような割り切った穴の開け方は、まずなく、背中や肩のあたりに投入口が作られていることが多く日本人らしい優しさが見られます。